「僕の闘病記」 一覧

19.がん患者は高い次元で生きている!?

  化学医療室なる部屋に入り、3時間に渡ってレミケード投与をして来ました。   そのとき隣にいた、抗がん剤治療を受けている男性と、看護婦さんとの会話が衝撃的でした。   ...

18.レミケード開始

2015.07.23   レミケードとは、   TNFαという炎症に関わる物質の働きを抑える免疫抑制剤。   TNFαはもともと人体に存在するが、関節リウマチではこれが異 ...

17.世界的なぶどう膜炎の権威

※写真はイメージです。   「世界的なぶどう膜炎の権威」   なんと魅力的な響きだろうか。   そんなことを思いつつ、その権威がいらっしゃる愛知医科大学病院(以下、愛知医 ...

16.激震!主治医、病院やめるってよ

2016/12/03   -僕の闘病記
 

  何もかもが順風満帆に思えたある日、通院先の名大病院で主治医が、   「来月で僕この病院やめるんですよ」   とおっしゃいました。   、、   、 ...

スポンサーリンク

15.初めての出産(産んだのは嫁)

  短かった不妊治療を経て、無事第一子となる長男が生まれましたぁー! (2011年2月)   たまのように可愛い子でしたぁー(笑)   「病気になんて負けてられない、強い ...

14.できたかもぉー(^◇^)

  不妊治療を始めて4ヶ月ほどたったある日、   「できたかもぉー(^◇^)」   と、嫁がトイレから出てきました。   不妊治療を甘く見るな!   ...

13.不妊治療に行ってきた

2016/11/28   -僕の闘病記
 

  「子作りに専念出来る時間が限られている」 (薬の影響で)   「少しでも早く子供を作る必要がある」 (薬の影響で)   とのことから、不妊治療に行ってきました。 &n ...

12.真・嫁と名大病院

  嫁と名大病院へ行きました。   僕のベーチェット治療について「どうするべきか?」を二人で考えないといけないので、同行してもらいました。   いつもの基本検査を終えて、 ...

11.嫁と名大病院

2016/11/26   -僕の闘病記

  名古屋大学病院(以下、名大病院とします)へ、嫁と行きました。   この時嫁は、僕がベーチェット病だと信じてませんでした(笑)   市民病院へ通っていた時、先生の勧めで ...

スポンサーリンク

10.名古屋大学病院

  町医者→ 岡崎市民病院→ 藤田保健衛生大学病院→ 名古屋大学病院   と、順調なレベルアップを遂げた柴田"ベーチェット"絢哉。   名古屋大学病院へは、電車で通院とい ...

9.藤田保健衛生大学病院

2016/11/24   -僕の闘病記
 

  僕はコピー機の修理を仕事としている。   藤田保健衛生大学病院は、僕の会社のコピー機を使っているので会社から見たらユーザーである。   もとい、   藤田保 ...

8.大学病院への紹介状

2016/11/23   -僕の闘病記
 

  市民病院に通院して1年ほど経ったある日、大学病院を紹介された。   その理由は、   ・発作の予防がうまく出来ていない ・市民病院レベルでは治療法の判断に迷う &nb ...

7.やまない発作

2016/11/22   -僕の闘病記

  朝起きて「視力の確認」をするのが日課となった。   薬を服用していても、発作は度々起きていた。   眼の発作が起こると   黒点が大量に出る 水中の視界 常 ...

6.発作と告知

2016/11/22   -僕の闘病記

  ある朝目がさめると水中にいるかの様な視界が広がった。   慌てて飛び起き窓を開けて外を見た。   景色の中に見える建物や街路樹が二重に見える。   心臓がバ ...

スポンサーリンク

5.ベーチェット病の疑い

2016/11/21   -僕の闘病記

  「ベーチェット病が疑われます」   先生からそう言われた瞬間、頭が真っ白になりました。   僕はベーチェット病という病気を知っていました。   ベーチェット ...

4.二度目の市民病院

2016/11/21   -僕の闘病記
 

  会社を休んで、病院へ。   まったく気分のいいものじゃない。   この時黒点の数は数え切れないほどになっていた。   頭を打ったことによるものではない可能性 ...

3.市民病院へ

2016/11/21   -僕の闘病記
 

  町の眼科医からの紹介状を手に、市民病院へ行った。   この時、左目の黒点は2つになっていた。   検査の結果   ・視力検査、異常なし。 ・脳波的な検査、異 ...

2.消えない黒点

2016/11/20   -僕の闘病記

  左目のそのまた左端に見える黒点。   頭を打ってからずっと見えている。   気になって仕方ない。   そのうち消えるだろう   そう思って気にしな ...

1.はじまりのベーチェット

  2007年、柴田28歳の時、   車に荷物を積んでいる最中、半開きのトランクに頭をぶつけた。   「痛っ!」と頭を押さえると、ベチョっとした感覚。   手に ...

Copyright© ベーチェットの星になる , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.