僕の闘病記

83.定期診察

今日のスケジュールは

  • 腎臓内科(大学病院)
  • 眼科(町医者)

と、お決まりの病院のはしご。

特に異常があるわけでもなく、定期診察なので気が楽な分、面倒くささは増す。

なんせ、家から大学病院までは高速で1時間かかるわけだから。さらにそこから町医者までは15分。病人はツライぜ。

腎臓内科

大学病院の4階にある腎臓内科。立体駐車場3階の連絡通路から行くのが最短距離となる。故にいつも立体駐車場の3階は人気階となるのだが、今日はガラガラに空いていた。

ラッキー!と思って車を止め、連絡通路に向かうと「通行止め」の貼り紙が。どうやらコロナ対策で1階の正面入り口のみの制限をかけてるらしい。

な〜に〜!?

さっきのラッキー!返せ。

そういえばさっきすれ違ったご婦人が「通行止めだって!」と舌打ちしてたわ。

という事で、僕も例にもれず舌打ちを発動し、1階へと階段で向かった。
#そりゃ3階空いてるわ

そんなこんなで腎臓内科の診察。連絡通路が通行止めだったせいで遅れた(本当は寝坊)僕は、診察前の採血結果が間に合わず診察が予定より50分遅れる。

50分遅れの診察では「完全に治りましたね!」と言われた。

いつもの血液/尿検査の結果がこちら

血液/尿検査結果

 前回今回

血圧

68−10960ー107
尿蛋白
尿潜血
クレアチニン1.000.88
eGFR6777
変形赤血球1%以下1%以下

何よりの言葉である。IgA腎症に完治はないものの、完治と言って良いほどの検査結果であった。先生も「なかなかここまでの回復はないよ」と言ってくれた。

ラッキー!連絡通路で失った言葉を取り戻した気がした。そんなこんなで腎臓内科は終了。

眼科

連絡通路のせいで1時間ほど遅れて(絶対にウソ)町医者に到着。既に12時を過ぎていたので、他の患者はおらず独占状態。すぐに検査診察となった。

眼の方も「問題ない」とのことで一安心。今までで最短の滞在時間となりそうだ。そのまま会計に進むと、ここでもすぐに呼ばれてお金を支払う。

4,020円です。

えっ?高くね??なんて事は当然言えず、黙って払って帰ってきた。忘れていたがこの町医者は町医者のクセに眼底検査の最新機器が導入されている。それによって検査時間が短縮されてるのだが、診察費用は跳ね上がると予想。

とにかく2つの診察を無事に終えて帰路に着いた。

今日も健康でありがとう!

>>闘病記のつづきを読まれる方はコメント欄の下の「NEXT」までスクロール下さい
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
あなたのポチッが僕の元気になります
ダブルで頂けると若返ります
共に闘っていきましょう!
「Ctrl」+クリックだと楽ですよ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ ベーチェット病へ 人気ブログランキング
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柴田絢哉

ベーチェットとIgA腎症を抱えるハイブリッドなおっさん。病気に負けず同じ境遇の方へ笑顔を届ける星になりたい。そう、星になりたいんです。

-僕の闘病記

© 2020 ベーチェットの星になる Powered by AFFINGER5