ベーチェット病 + IgA腎症を抱える男の明るい闘病記

ベーチェットの星になる


僕の闘病記

69.味覚障害のその後

投稿日:

扁桃腺摘出後の味覚障害に襲われました

参考記事
60.定期診察と扁摘後の味覚障害

  尿潜血発覚から色々あって、ここ一年くらいは頻繁に病院に通ってました。 扁摘を終えてひと ...

続きを見る

その後数ヶ月は味覚障害について語っていましたが、最近パッタリ触れていなかったので、思い出したかのように触れておこうと思います。

結論から言うと、もう味覚障害は感じません。

毎日とても飯がウマいです!

扁桃腺摘出手術をしたのが17年10月、そこから18年03月ごろまでは味覚障害を感じていました。

参考記事①
61.味覚障害の治療

この日の目的は扁桃腺摘出後の味覚障害と摘出前と変わらない尿潜血に対する医者の意見を聞くことであった。 ...

続きを見る

参考記事②
63.定期診察と味覚障害のその後

  前回の診察から二ヶ月後の定期診察。 いつもの血液/採尿検査の結果がこちら 表血液/採尿 ...

続きを見る

が、今となっては

そんなこともあったね(笑)

て、思えるくらい回復しました。

本当にありがたいです!

主治医
長期に渡る味覚障害は聞いたことがない

と、10年以上も摘出手術を執刀してる主治医も仰ってました。

僕も手術後半年くらいは不安な日々を過ごしてましてが、今では

そんなこともあったね(笑)

程度です。

また味覚障害は精神的な部分も影響しそうなだけに、あまりネガティブになるのも良くない気がします。

今から扁桃腺摘出手術を受ける人に伝えたいことはひとつ、

心配ないさ〜♪

てことだけ。

術後の出血も含め2度の全身麻酔を受けて、3週間も入院した僕が言うんだから間違いない!

かなりアンラッキーな僕でも半年くらいだから、普通にいけば全く

心配ないさ〜♪

本当に苦しんでる人も中にはいるかもしれないけれど、

起こってもないことに不安にならない

の精神で前向きに生きていきましょう。

あなたの扁桃腺摘出手術が上手くいきますように。

扁摘手術でICUに入った柴田でした。

>>闘病記のつづきを読まれる方はコメント欄の下の「NEXT」までスクロール下さい
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
あなたのポチッが僕の元気になります
ダブルで頂けると若返ります
共に闘っていきましょう!
「Ctrl」+クリックだと楽ですよ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ ベーチェット病へ 人気ブログランキング
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柴田絢哉

ベーチェットとIgA腎症を抱えるハイブリッドなおっさん。病気に負けず同じ境遇の方へ笑顔を届ける星になりたい。そう、星になりたいんです。

-僕の闘病記
-,

Copyright© ベーチェットの星になる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.