ベーチェット病 + IgA腎症を抱える男の明るい闘病記

ベーチェットの星になる


僕の闘病記

70.恐怖!目の発作、再発か?

投稿日:

2018.11.28

前回の記事で「たまに飛蚊症の症状があるくらいで、ほとんど症状なしのありがたい状態」と言いましたが、なぜか今になって左目

強めの飛蚊症が出てきました

トホホ、、、

視力低下を伴うような状態ではありませんが、上の画像のような黒い点が多いのと、下の画像のような半透明の塊が見えます。

ベーチェット病発症当時のように、視力が大きく下がる水中の視界ではありませんが、久々に見づらさを感じております。

発症当時の発作
7.やまない発作

  朝起きて「視力の確認」をするのが日課となった。   薬を服用していても、発作 ...

続きを見る

更にショックなのは11.14に行った会社の健康診断で、眼底カメラ検査結果がG判定だったこと。

左目の半透明の塊が邪魔で、視力検査の結果も去年(赤欄)より若干悪かった。

この健康診断結果を見て非常にショックを受けました。

というのも、通っている病院ではなく健康診断でしか行かない病院で「あなたは目の病気ですよ!」ってばれるレベルの状態なんだ、、、、と。

この判定を受けて発作なのでは?という感が増しました。

更に更に、良く見ると目の表面にも何か赤い点が出来てました。

目のアップ画像があります。ややグロいので見たくない方は今すぐ閉じてください

3

 

2

 

1

 

焦った僕は、次回の定期診察(ちょうど眼科も予約してた)12.06を待てずに、Z先生のいる「あさい病院」を予約しました。

11.30は、先週土曜出勤した分の代休をもらっていたので、その代休を使ってZ先生に診てもらいます。

正直言って久々の発作!?にビビってます。

何らかの薬を再開するのもイヤだし、放っておいて失明するのはもっとイヤ!

自分がベーチェット病であることを痛感させられました。

はぁぁぁー、つらい

あまりにもつらいので、健康診断で良かった結果を自慢気に載せます。

定期診察でも好調な尿検査結果。

一昨年(黄欄)では最低のG判定だったのが、今年(白欄)ではほぼ正常のB判定

イェイ!

続きまして~デリケートな腹囲からは~、一昨年81.8cmのメタボ1歩手前から79.0cmスッキリおなかへ大変身!

これには測ってくれた看護婦さんもビックリしてました。日々の筋トレの賜物です!

イェイ!

なんて、無理やりテンションを上げてみましたが、やっぱり次回の眼科診察が気になる柴田でした。

怖いよぉー

>>闘病記のつづきを読まれる方はコメント欄の下の「NEXT」までスクロール下さい
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
あなたのポチッが僕の元気になります
ダブルで頂けると若返ります
共に闘っていきましょう!
「Ctrl」+クリックだと楽ですよ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ ベーチェット病へ 人気ブログランキング
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柴田絢哉

ベーチェットとIgA腎症を抱えるハイブリッドなおっさん。病気に負けず同じ境遇の方へ笑顔を届ける星になりたい。そう、星になりたいんです。

-僕の闘病記
-

Copyright© ベーチェットの星になる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.